群馬県安中市の名物タルタルカツ丼を食べた。

群馬県安中市の名物タルタルカツ丼を食べた。

群馬県安中市中山道板鼻宿にある100年以上の老舗食堂 「板鼻館」 。

タルタルカツ丼が有名ということで、出張先で地元企業の方にランチで連れていってもらう。

訪れたのは平日の13時頃。店は適度に空いている。店の中に入るとおばあちゃんの家にきたような懐かしい匂いがした。

メニューは昭和のカレー昔ながらのオムライス具なしラーメンなど興味をそそるものが他にもあったが、ここはせっかくなので名物のタルタルカツ丼をオーダーした。

すぐにでもないが遅くでもなく、適度な時間でテーブルに運ばれてくる。

f:id:next445:20180825103434j:image

タルタルソースと卵を自分で混ぜるてカツ丼にかけるしくみ。
タルタルソースは銀紙の上にあったため、最初そのまま混ぜていたが、よく見るとすり鉢に入っている。一緒に来ていた4人全員が間違えてが、どうやらこすり鉢にうつして混ぜるようだ。気づいてからはそうしたが、かき混ぜ具合は断然こちらがよかった。

かつは甘ダレ。それにタルタルソースをかけながら食べる。このソース自体がとても美味しいし、カツも美味しいので全体としてやっぱり美味しい。

料金は1,000円。次回に行く機会があれば昭和のカレーを食べてみたい。